史佳 Fumiyoshi ライブ 2017の画像

史佳 Fumiyoshi ライブ 2017

  • 開催期間:2017年 3月25日(土)14時~ 会場:一階和室
  • 料金:一般2,500円、小中学生1,500円(茶菓付)【予約満席、キャンセル待ち受付中!】
  • 主催:砂丘館

新潟市を拠点に活動する三味線プレイヤー史佳Fumiyoshiが今年も砂丘館に登場!

生音が肌身に響く、至近距離のお屋敷の和室を会場に、 ホールとは一味違った臨場感あふれる演奏をお楽しみ下さい!

 

 

史佳 Fumiyoshi (ふみよし)

ふるさと新潟に拠点を置き、三味線プレイヤーとして国内外で演奏・講演活動を行う。音の響きを大切にする“弾き三味線”奏法を得意とし、津軽三味線のスタンダード曲はもちろんのこと、近年は作曲家/アレンジャーの長岡成貢氏とともに新しい楽曲作りにも取組み、古典をベースとしつつ、伝統芸能の枠を超えた新しいニッポンの音楽を目指して活動している。1974年新潟市生まれ。9歳より津軽三味線の師匠であり母でもある高橋竹育より三味線を習い始め、2000年よりプロ活動をスタート。ホールコンサートの他、国指定重要文化財の日本建築等でも演奏会活動を行い、2011年にはルーブル美術館にて日本人として初めて演奏を披露。2001年に1stアルバム「新風」を高橋竹秀の名で、2003年には本名である小林史佳としてオリジナル曲を含む2ndアルバム「ROOTS TABIBITO」をリリース。2006年リリースの3rdアルバム「Ballade」では弦楽四重奏との融合にも取り組み、三味線の楽器としての新たな可能性も追求。2010年には津軽三味線の名人・初代高橋竹山とかつて共に全国を廻った、民謡の生きる伝説・初代須藤雲栄師とのライブを収録した4thアルバム「風の風伝」(かぜのことづて)、2012年にはそれに続く5thアルバム「続 風の風伝」を“fontec”レーベルよりリリース。同年よりアーティストネームを“史佳Fumiyoshi”と改め、故郷新潟をテーマにしたオリジナル曲「桃花鳥-toki-」を発表。2013年には自主レーベル“penetrate”を立ち上げ、全曲オリジナル楽曲のアルバム「宇宙と大地の詩」をリリース。その他、自らの挫折から患ったうつ病体験を語る講演を、ライフワークとして教育機関や自殺予防事業などを通じて積極的に行っている。

 

◆史佳Fumiyoshi オフィシャルHPから動画もご覧いただけます(外部リンク)

 

【2月15日朝9時より受付開始】

※予約満席につき、「キャンセル待ち」にてお受けしています。