2019年3月12日 10:39 AM

特別展示 異人池復元プロジェクト成果展Ⅱ 始まりました

砂丘館ギャラリーで開催されている「異人池復元プロジェクト成果展Ⅱ」では、異人池やカトリック教会を題材にした絵画作品や文学、地質、植物など多岐にわたる研究成果を展示紹介しています。 美術がお好きな方はもちろん、植物がお好き…



2019年3月5日 11:00 AM

【貸し室利用のサークル活動】

サークル活動の参加者を募集しています

砂丘館の貸し室を利用して開催されているサークル活動に参加しませんか? 砂丘館を会場に、以下の文化活動が定期的に行われています。 ご興味のある方は、お問合せ先までご連絡ください。 【藤棚の会】會津八一の随筆を読む会 第1土…



2019年2月23日 1:41 PM

佐藤家の雛人形展示 2019

2019年 2月26日(火)~3月21日(木・祝) 9時~21時/会場:砂丘館2階座敷

観覧無料

新潟市古町九番町で「庄内屋」という置屋を営んでいた佐藤家ゆかりの雛人形を展示します。 庄内屋で芸妓をしていた佐藤(庄内屋)シン遺愛の明治の段飾りや、大切に受け継がれてきた精巧なお道具の数々を、昭和初期のお屋敷でご覧くださ…



2019年2月19日 4:12 PM

特別展示 異人池復元プロジェクト 成果展Ⅱ

2019年3月12日(火)〜3月24日(日) 会場:砂丘館ギャラリー(蔵) 9時〜21時 

観覧無料

砂丘館からどっぺり坂を下ると、カトリック教会との間に異人池を呼ばれた池がありました。かつて新潟を訪れた与謝野晶子が<異人池 大木のポプラみたるべし 羅馬の尼も 湊奉行も>と詠んだこの池の存在した位置のボーリング調査が昨年…



2018年12月24日 1:40 PM

~聞香を楽しむ~

香道入門講座2019

【終了しました】2019年 2月24日(日)午前の部:10~12時/午後の部:13時30分~15時30分*開始15分前までに受付をお済ませ下さい

3,500円(香木代、茶菓代含む)*予約後チケット引換制/定員:各回20名 【ご予約は定員に達しました】



2018年12月24日 12:46 PM

特別展示 山下誠一写真展「水の呼吸」  会期延長しました!

【終了しました】2019年2月1日(金)~2月24日(日)9時~21時 (※2/13(水)~2/17(日)は9時~18時 24日は17時まで)会期延長しました!/会場 砂丘館

観覧無料

Water Breath 水の呼吸 山下誠一 テーマを「水」と決めたのは、素材である「出雲民藝三椏(みつまた)紙」との出会いが不可欠でした。この和紙の発色を見たときにその質感描写に驚きました。これなら私が感じた日本の風景…



2018年12月18日 2:27 PM

開館時間の変更について

砂丘館をご利用いただいているみなさまへ いつも砂丘館をご利用いただき、ありがとうございます。 砂丘館は通常午後9時まで開館していますが、冬季は夜間の利用者(来館者・貸室利用者)が少なくなるため、下記の期間、試験的に、午後…



2018年12月16日 3:50 PM

砂丘館のお正月

新潟市・佐藤家の羽子板展示

【終了しました】2019年 1月4日(火)~27日(日) 9時~21時 (※1/16(水)~1/20(日)は9時~18時) 会場:一階正面玄関 

観覧無料

新潟市の旧家に伝わる大正~昭和初期のめずらしい羽子板を展示します。 佐藤家の羽子板についてはこちらもご覧ください⇓ ◆砂丘館クリップ https://www.sakyukan.jp/clip00/note-03.html



2018年12月15日 2:55 PM

2019新春<旧齋藤家別邸×砂丘館>

新春神楽めぐり「高森いざや神楽」

【終了しました】2018年 1月14日(月・祝)①午前の部:10時30分~【会場:旧齋藤家別邸】/②午後の部:13時30分~【会場:砂丘館 一階和室】

各回1,000円(旧齋藤家別邸は別途入館料300円)、中学生以下無料!/定員:各回30名(12/19~予約受付開始)

シシにかまれて無病息災を祈る。 新潟市の民俗無形文化財「高森いざや神楽」が今年も西大畑のふたつのお屋敷をめぐります! 和室いっぱいにひろがる獅子のダイナミックな舞いは、大迫力の見ごたえ。小さなお子様連れのご参加も歓迎です…



2018年12月10日 3:10 PM

特別展示 mikkyoz013

【終了しました】2019年 1月16日(水)~1月27日(日) 9時~21時 (※1/16(水)~1/20(日)は9時~18時) 会場/砂丘館ギャラリー(蔵)

観覧無料

1970年前後に登場した「もの派」の美術家たちは、未加工の石や木などを「作品」として提示した。 ひとりは、それを「ほこり(ものに貼りついた意味)を払う」ことだと語り、そのようなものの光景を、前にすることを、別のひとりは「…