次回の企画展の画像

次回の企画展

  • 開催期間:2021年12月21日(火)~2022年1月23日(日)
  • 開館時間:9:00-21:00 2022年1月は~19:00
  • 定休日:月曜日(1/10は開館)12/28~1/3、1/11
  • 料金:観覧無料
  • 主催:砂丘館

「ツブノヒトツヒトツ」は、季刊『版画芸術』122号(阿部出版、2003年発行)の付録として添付された 梅田恭子の銅版画です。 全部で105種制作された銅版画と 鉛筆描きの詩片30点一式を、砂丘館でお預かりしています。

砂丘館では2016年に版画集収録の全作品を紹介する「梅田恭子展 ツブノヒトツヒトツ」を開催しました。

今回は新潟絵屋ギャラリーみつけで2022年1月に梅田恭子の作品が展示されるのに合わせ、「ツブノヒトツヒトツ」から、一部を砂丘館ギャラリー(蔵)で公開します。

*展示期間中の2022年1月15日(土)15時から、展示会場にて梅田恭子・堀川久子によるパフォーマンスを開催予定です。詳細は内容が決まり次第お知らせします。

作家プロフィール

梅田恭子(うめだきょうこ)

東京都に生まれる。1996年多摩美術大学大学院デザイン研究科修了。主に銅版画や鉛筆、油絵の具などを用いて絵を描いている。個展を中心に、新潟、東京、名古屋、大阪、神戸、山口などで作品展を開催。