ファビオ・ボッタッツォ&田中トシユキDuoLive 2018の画像

ファビオ・ボッタッツォ&田中トシユキDuoLive 2018

  • 開催期間:2018年 12月22日(土)①15:00~/②18時30分~ 会場:砂丘館 一階和室
  • 料金:一般2,700円 中高生1,700円 小学生1,200円(ワインと焼き栗付) *未就学児の参加はご遠慮ください。/定員各回:25名
  • 主催:砂丘館

砂丘館のお屋敷の和室を会場に、しっとりと味わうジャズライブ。

大好評のDuoが今年も実現!!
焼き栗、ワインとともに、ギター×アコーディオンのセッションをお楽しみください

*未成年、運転者はソフトドリンクを用意しています。

【11/21(水)~予約受付開始】

PROFILE:

Fabio Bottazzo(ファビオ・ボッタッツォ)/guiter

1996年バークリー音楽院のサマースクールに参加。2002年ローマの「ウニヴェルシタ・デッラ・ムージカ」でディプロマを取得。パット・メセニー、ウォルフガング・ムースピールなどのマスタークラスに参加し、チャーリー・バナコスにも師事。2004年から日本を拠点に活動を展開。2010年に発表した「It′s no Coincidence」が「ジャズ批評」誌で「My Best Jazz Album 2010」の14位に、また収録曲「In un Giorno di Pioggia(ある雨の日に)」は「Best Jazz Melody 2010」の18位に選ばれた。木村秀子(p)、土村和史(B)、嘉本信一郎(d)とのカルテット「#11」(シャープ・イレブン)は、今年10月26日に初アルバム「Sharp Eleven」を全国発売、全世界配信。11月には発売記念ツアーを、新潟、東京、神奈川、千葉で行う。

公式HP http://fabiobottazzo.com/

 

田中トシユキ/accordion, clarinet

北海道生まれの新潟育ち。80年代よりジャズピアニストとして演奏生活に入る。90年代にアコーディオンを独学で習得後、現在までフランスを中心に修行・演奏のため度々渡航。2000年、フランス・ナントのジャズフェスティバル、 04年フランス・シャルトルのアコーディオンフェス、国内では07年08年Bellows Lovers Night など新潟を拠点に多くのステージに出演。ボタン式の楽器を使用する日本では希少なジャズアコーディオニスト。またピアニスト、クラリネット奏者として、近年ではブラジルの打楽器「パンデイロ」の奏者としても知られる存在となっている。

ボサコルデオンHP http://bossaccordeon.jimdo.com/