「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)の画像

「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)

  • 開催期間:2019年7月2日(火)-15日(月・祝)
  • 開館時間:9時-21時(最終日17時まで)
  • 定休日:月曜日
  • 料金:観覧無料

 

硬く光沢のあるもの(金属)と柔らかで薄いもの(紙・墨)。異種のモノに向き合う表現と表現が、ひとつ船に乗り、川に漕ぎ出ます。

会期中にお茶会も開催。詳細は近日中にお知らせいたします。

 

同時期開催 「合同船」竹俣勇壱・華雪
茶道具と書の展示、ショップスペースではカトラリー・器など生活道具を取り扱います。
7/2(火)ー15(月)11:00-18:00(最終日17:00)会期中無休
会場:新潟絵屋
新潟市中央区上大川前通10-1864
http://niigata-eya.jp/

作家プロフィール

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。舞踏家や華道家など、他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。最近ではJAFの機関誌「JAF Mate」に書とエッセイを連載していた。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。

 

竹俣勇壱 (たけまた ゆういち)
1975年金沢生まれ。彫金師。95年より彫金を学び始め2002年独立。04年「KiKU」オープン。オーダージュエリーを中心に活動、08年ジュエリーに加え生活道具、茶道具の制作を始める。10年「sayuu」オープン。2店舗のショップを中心に全国で展覧会を開催。機能や技法にとらわれず意匠的な美しさを追求し時を経た様な古色仕上げ精密な鏡面仕上げなど様々な加工を使い分ける。金沢大学非常勤講師。