光をとる1 Truth is One  ミーヨン写真展の画像

光をとる1 Truth is One ミーヨン写真展

  • 開催期間:2021年8月5日(木)~9月5日(日)
  • 開館時間:9:00-21:00
  • 定休日:月曜日(8/9は開館)、8/10
  • 料金:観覧無料
  • 主催:砂丘館

個の固をほどく

 

ミーヨンの写真に接したのは2016年8月の新潟絵屋での個展だった。企画者の石井仁志さんと写真家と3人でトークもした。

何を話したかは忘れたけれど、どんな言葉を投げても、それを、彼女がまっすぐに打ち返してくるのが心地よかった。

そのとき、彼女が書いた言葉(エッセイ、小説)も読んだが、たしか幼いころ「私」は自分ひとりだと思っていて、ある日ほかの「私」もこの世にはあるのだと知った時心底おどろいたと書いてあったのが忘れられない。写真集『Alone Together』の独自の触感は、自分だけ(alone)だと思っていた「私」が、自分以外の「私」の存在を知って感じた拡張感、alone(私)が消えてtogether(私たち)になるのではなく、強度あるaloneがそのままでtogetherに、つまり「私だけの私」で構成される共同体になるという感覚から生まれているという気がする。

彼女が近年インドから持ち帰った写真の、その拡張感のさらなる拡張とでも言いたくなるような、ゆるやかで、果てのない広がりに魅了される。ガンジスの川面に揺れる光、赤や朱や紅を衣装に、身体にまとい、すりつけた人々。写真を隙間なく満たす明るい光と色は、現実の光と色でありながら、そこを訪れ、祈り、沐浴し、川辺にたたずむ人々一人ひとりのaloneの底に広がる光であり、色だ。光と色がaloneをtogetherにしている、つないでいる。さらに済州島や沖縄の聖地をも訪ねだしたというミーヨンの写真は、分かたれた「個」の「固」をほどく、遠い、けれどすぐそこにある場所を示す羅針盤のように、動き出している。

(大倉宏)

 

ギャラリートーク

<戻らなければならない場所がある気がする>

8月21日(土)14:00-15:30

聞き手 大倉宏(砂丘館館長)

500円 定員20名

申し込み 電話・ファックス(025-222-2676)、Eメール(sakyukan@bz03.plala.or.jp)で砂丘館へ

*Eメールまたはファックスでお申込みの場合は、連絡先(電話番号)、人数を明記してください。

申し込み受付開始8月4日

 

関連展示

光をとる ミーヨン 中里和人写真展

2021年9月16日(木)~29日(水)11:00-18:00(最終日-17:00)

新潟絵屋 新潟市中央区上大川前通10-1864 tel.025-222-6888

 

予告

光をとる 2

Night in Earth 中里和人写真展

2021年10月1日(金)~31日(日)

 

 

作家プロフィール

ミーヨン / Mi-Yeon

1963年韓国ソウル生まれ。1988年渡仏し、パリ写真学校 ICART PHOTOで写真を学ぶ。1991年より東京在住。思想や哲学、信仰 などをモチーフに、「存在することの確かさと不確かさ」を問う作品をつくり続ける。主な個展に 「I and Thou」(2016年 Anne Clergue Gallery アルル|2016年 Salon du Panthéon パリ| 2017年 ギャラリーMuan 長岡)、「Alone Together」(2013年 冬青社 東京|2015年 Space 22 ソウル|2016年 新潟絵屋 新潟)、「よもぎ草子ーあなたはだれですか」(2016年 ギャラリーMuan 長岡|2017年 ルーニィ247 東京)「Dol /Dang Jeju Island ―神々の島」(2020年 G&S根雨 大坂)など。フランスの写真 フェスティバル Photo Saint-Germain (パリ 2015)、Regards dʼ ailleurs (ドルー 2017)、Promenades Photographiques (ヴァンドーム 2020)に出展。 写真集に 『Alone Together』(2014年 kaya books|2017年 Noonbit Publishing co.)、『よもぎ草子ーあなたはだれですか』 (2014年 窓社)、ハンドメイドアーティストブックに 『I and Thou』 (2015年)など。 http://mi-yeon.jp