遠くを想うこと・遠くから呼びかけるもの・踊るということ

堀川久子 即興独舞

  • 開催期間:2020年12月6日(日)・12日(土)
  • 開館時間:各日とも14時~ 18時~ 会場:砂丘館
  • 料金:一般2,000円 中高大生1,500円*2回目以降の参加は200円引き
  • 主催:砂丘館

photo:風間忠雄

*新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催いたします。ご参加にあたってはマスクの着用をお願いいたします。また当日検温を実施させていただきます。

作家プロフィール

 

堀川久子(ほりかわ ひさこ)

新潟市に生まれる。即興舞踊家。舞踊家・田中泯、身体気象研究所、舞塾などでの20年の活動の後、1998年に新潟市に移住。新潟市を拠点にヨーロッパでも活動しながら踊っている。場所に生まれる踊り、人、物との間に生まれる踊り、外界の要素を身体に流し込みながら、そこに生まれてくるものを眺めていく。野外の様々な場所でも踊ってきた。美術・音楽・語り芸など様々なアートとの共同作業も多い。知的障害を持つ人々とのワークショップも模索しながら長年続けている。郷土の伝統芸能を訪ね歩いている。なにげない1ミリ隣に新たな踊りが潜んでいる。